低炭水化物ダイエット


食べる順番ダイエットと併用するとさらに効果的です。

 

もともと低炭水化物ダイエットは肥満や糖尿病の治療を目的として

炭水化物の摂取比率を制限する食餌療法であるようです。

炭水化物は、エネルギー供給源となりますが、過剰に摂取すると脂肪へと変わります。

そこで、摂取炭水化物を低減することにより、エネルギーの供給源を溜まった体脂肪へと切り替えることで、

炭水化物をエネルギーとするよりも、体脂肪を燃やしてエネルギーを作り出すことにより、

カロリー消費量が多くなるり高いダイエット効果が期待できます。

ここで注意すべきことは「じゃあまったく炭水化物を取らなければいいじゃん」と考えてしまうことです。

炭水化物は非常に重要な栄養素であり、脳が必要とするブドウ糖が摂れず非常に危険な状態に陥ります。

このため、炭水化物を全く取らないのではなく、必要最低限まで摂取する炭水化物を抑える低炭水化物ダイエットを提唱しています。

 

目安ですが、

1回の食事で、お米:おにぎり小1個分、食パン:6枚切り1枚 程度


で3食きちんと食べること。

夜は代謝が落ちるので、夕食は早めに食べ終える

ビタミンB1、B2を同時に 摂取すると、糖質が効率よくエネルギーに変換されます。
特にビタミンB1が多 く含まれるニラ、ニンニク、ネギなどが効果的な食材のようです。

 

そんなに少ないのでは物足りないという方は、

ごはんのお代わりを減らしたり盛る米の量を気持ち少なくする程度から始めるとよいです。

また、食べる順番ダイエットでも紹介していますが先に食物繊維(サラダ)→たんぱく質(肉・魚)と

1品ずつ完食してから炭水化物を食べればお腹は満たされるので炭水化物の摂取量は減らせるでしょう。





低炭水化物ダイエット―ごはん、パン、パスタ…やめられない、やせられない人へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>